転職の悩み・疑問

仕事探しの方法7選!仕事を見つけるコツや見つからない時の対処法を紹介!

仕事探しの方法について書いた記事のアイキャッチ画像

 

この記事がオススメな人

  • 「みんなはどうやって仕事を探しているの?」
  • 「仕事を見つけるコツを知りたい」
  • 「やりたい仕事がない時はどうする?」


 

転職したいと考えていても、実際に探すとなると「どうやって仕事を探せば良いかわからない」といった悩みを抱える方も多いでしょう。

求人サイトやハローワークなど、少し考えるだけでも探し方はいろいろあり、年齢や条件、どんな職種なのかによってかも変わってくるため、不安に感じるのも当たり前です。

 

そこでこの記事では、仕事探しの方法やコツについて次の内容を解説していきます。

この記事でわかること

  • 仕事探しの方法
  • ハローワークの利用に気を付ける理由
  • 仕事を見つけるためのコツ
  • やりたい仕事がない時の対処法

仕事探しの方法7パターン

仕事探しの方法を紹介した画像
仕事を探す方法は大きく分けて「自分で探す」「他人から紹介される」の2通りあります。

そこでここでは【自分で探す方法を5つ】【人に探してもらう方法を2つ】ご紹介していきます。

  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. ハローワーク
  4. 求人広告
  5. 友人や知人からの紹介
  6. 企業に直接応募
  7. SNS

 

転職サイト【自分で探す方法】

仕事を探す方法で1番ベターなのは転職サイトを利用することでしょう。

転職サイトならパソコンはもちろん、スマホを利用すれば手軽に求人検索ができる点が最大のメリットです。

 

『転職サイトなら求人検索だけでなく、企業から直接オファーをもらうことも可能です!』

 

転職エージェント【人に探してもらう方法】

転職サイトと並んで一般的な方法が、転職エージェントを利用するものです。

担当のエージェントがあなたの希望にあった求人を探してくれるのをはじめ、書類の添削や面接対策といった転職活動全体を幅広くサポートしてくれるのがこの転職エージェントの特徴。

普段は忙しくなかなか転職活動が進んでいかない方にはかなり心強いサービスです。

 

オススメの転職エージェント

 

ハローワーク【自分で探す方法】

ハローワークも幅広い方に知られた仕事探しの方法の一つです。

公的な支援機関が運営することもあって、どんな方でも無料で利用できるのが良い点。

窓口のスタッフにも相談できるので「どう仕事を探したらよいかわからない・・・」という方にもメリットは大きいです。

 

『その一方でハロワの求人は質が悪いこともあるので、応募には注意が必要。』

 

求人広告【自分で探す方法】

駅の広告や街に貼ってあるポスター、フリーペーパーなどの求人広告も仕事探しの代表的なものです。

こうした求人広告は地域に密着したものが多く、「地元で仕事を探したい」という方にはピッタリです。

 

友人や知人からの紹介【人に探してもらう方法】

自分の友人や知人などを通して仕事を紹介してもらう方法も昔からあるものです。

この方法は一般的な求人サービスには掲載されていないレアな求人に触れられるため、会社の内部情報を詳しく聞ける点もメリットになります。

 

『よく知っている人からの紹介なので求人への信頼度も高く、ミスマッチも起こりにくいです。』

 

企業に直接応募【自分で探す方法】

企業の公式サイトから求人を探す方法もあります。

この場合、その会社や仕事内容に興味を持ってから応募するかを判断できるため、ブラック企業や自分に合わない企業を見分けるには良い方法です。

また直接応募の場合、企業側から志望度の高さを評価される可能性があるのもメリットと言えます。

 

SNS【自分で探す方法】

TwitterなどのSNSで仕事を探していくのも、最近増えている方法です。

従業員の紹介や企業内のイベントなども積極的に発信している会社もあり、「普段の会社の様子を知る」意味でもSNS経由で仕事を探していくのは利点になります。

 

『SNSには怪しい仕事も多いので、応募には注意が必要です。』

 

基本的には転職サイトや転職エージェントが良い!

転職サイトや転職エージェントの良さについて解説した画像

上では7つの仕事探しの方法をご紹介してきました。

その中で基本的に抑えておいた方が良い方法は、「転職サイト」と「転職エージェント」を利用する2つです。

この2つの方法の良い点は様々な機能が使えることです。

  • 求人の検索
  • 履歴書・職務経歴書・自己PR作成ツール
  • 適職診断
  • 適正年収診断
  • 性格分析
  • 企業からのスカウト
  • 求人の紹介(エージェントのみ)
  • 必要書類の添削(エージェントのみ)
  • 面接対策(エージェントのみ)

ですので「仕事を探す方法で迷ったら、転職サイトや転職エージェントを利用しておけば間違いない」と言えるでしょう。

 

オススメの記事
>>【2022年版】転職サイトのオススメTOP11!あなたにピッタリの転職サイトとは?

 

ハローワークには注意が必要

ハローワークの利用に注意が必要なことを紹介した画像
「求人探しならハローワーク」と考えている方も多いかもしれません。

全国に500ヶ所以上あり、公的機関が運営しているため安全性が高いと思われがちなハローワークは、実は注意すべきところも存在します。

というのも、このハローワークに掲載されている求人には”質が悪いものも多い”ためです。

その理由としては次のようなものがあげられます。

  • 無料で掲載できる
  • ハロワ側は求人情報をしっかりチェックしていない
  • 良い求人はすぐになくなる
  • 写真や動画が少なくミスマッチが起こりやすい  など

ハローワークを使って仕事探しをしたい方は、求人内容や企業の評判をよく調べてから応募していくことをオススメします。

 

オススメの記事
>>ハローワークにまともな求人がない理由!無料で使えるハロワのヤバい現実とは!?

 

仕事を見つけるためのコツ4選

仕事を見つけるためのポイントを解説した画像
転職先や就職先を探す方の中には、「どうやって仕事を探していけば良いかがわからない・・・」という方もいるでしょう。

そんな方のために、ここからは仕事を見つけるためのコツを4つご紹介していきます。

  1. 自己分析をしてみる
  2. 転職する理由を考える
  3. 将来の自分をイメージしてみる
  4. 持っている資格から考える

 

自己分析をしてみる

自分に合った会社を見つけるにはしっかりとした自己分析が大切です。

  • 自分の強みや弱み
  • やりたい仕事
  • やりたくない仕事
  • 興味のある仕事
  • 続けられそうな仕事

こういった価値観が把握できれば、あなたにピッタリな仕事を見つけられるはずです。

さらに書類選考や面接でも説得力を持ってアピールできるでしょう。

 

理由を考える

「年収を上げたい」「キャリアアップがしたい」など、あなたが転職や就職したい理由を考えることも重要です。

目的が立てられると、そこまでの道すじも自然とわかってくるでしょう。

そうなればその目的を叶えられる会社を探し、内定をもらうように動いていくだけです。

 

将来の自分をイメージしてみる

1年後や5年後など、将来の自分をイメージしてみるのも良い方法です。

これも理由を考える部分と似ていますが、「将来の自分」のというのは目標と同じです。

その目標がしっかりと見つかっていれば、応募するべき会社も自然と見えてきます。

 

持っている資格から考える

特別な資格を持っている方は、それを活かせる仕事を探してみるのも良いでしょう。

既に持っているものはもちろん、途中まで勉強したものでも再度勉強し直すことであなたの武器になる可能性は高いです。

その資格が特別なものであれば、ライバルも少なく内定をもらえるチャンスも上がっていきます。
 

『最近はオンラインでスキルをつけていく方も多いです。』

 

▼プログラミングを始めるなら
>>GEEK JOB

 

やりたい仕事・興味の持てる仕事がない時の対処法5選

やりたい仕事がない方向けの対処法を紹介した画像
「やりたい仕事や興味の持てる仕事につきたい」と感じている方は大勢いるはずです。

しかしこうした仕事がすぐには思いつかない方も多いのではないでしょうか。

そこでやりたい仕事・興味の持てる仕事がない時の対処法を5つご紹介していきます。

  1. 過去を思い出す
  2. 今の不安や不満を洗い出す
  3. 転職イベントに参加してみる
  4. 身につけたいスキルや経験で探す
  5. 自分が必要とされる仕事を探す

 

過去を思い出す

過去の成功体験や失敗体験を思い出し、仕事選びの参考にするのは良い方法です。

誰でも仕事をしていれば成功したこと、失敗したことがあるでしょう。

こういった体験を思い出すことで自分の得意な仕事、不得意な仕事が見えてくるはずです。

例えば「接客が好きならサービス業や営業」「デスクワークが好きなら事務やIT関係」といったことです。

 

今の不安や不満を洗い出す

やりたい・興味の持てる仕事を探すなら、現状の不安や不満を洗い出すのも一つの方法です。

自分が今の会社や仕事にどんな不満を抱えているのかがわかると、解決策を探すこともでき、仕事を選ぶ方向性も決まってきます。

 

『メモなどに箇条書きで書き出すと自分でも理解しやすくまとめることができます。』

 

転職イベントに参加してみる

転職イベントは全国各地で行われています。

こうしたイベントに参加するのも新しい刺激をもらえるため良い方法と言えるでしょう。

イベントを通して就職・転職が成功するケースもあるので、参加するメリットは大きいです。

 

身につけたいスキルや経験で探す

やりたい仕事が見つからない場合には、自分が身につけたいスキルや経験から考えてみると良いでしょう。

最近は経済や雇用を取り巻く状況が昔と違い、「一つの会社で勤め上げる」ことは難しくなっています。

そのため、その時代や状況の変化に自分を変えていく必要があります。

ですので広い視野を身につける意味でも、常にスキルアップできるように動いていくことを目指しましょう。

 

自分が必要とされる仕事を探す

仕事をしていく上ではやりがいを感じることも大切です。

このやりがいは人によっては「誰かから必要とされること」と感じている方もいるでしょう。

『お客さんを喜ばせる』『必要な時に仲間を助けられる』など、人のために動ける人間であれば内定をもらえる会社は多いはずです。

 

オススメの記事
>>仕事にやりがいは必要?やりがいが感じられない理由と解決法を紹介!

 

仕事探しの方法はいっぱいあるけど、転職サイトやエージェントを利用すれば間違いなし!

仕事探しの方法は次の7つです。

  1. 転職サイト
  2. ハローワーク
  3. 求人誌
  4. 企業に直接応募
  5. SNS
  6. 転職エージェント
  7. 友人や知人からの紹介

 

この中で幅広い年代の方にオススメできる方法は、転職サイトや転職エージェントになります。

この2つのサービスは基本的に無料で利用でき、さまざまな機能も搭載されているため、利用するメリットは大きいです。

とはいえ、あなたの状況によって使いやすいものを利用するのが1番です。

今回お伝えした内容をもとにあなたに合った仕事の探し方を試してみましょう!

 

スポンサーリンク

-転職の悩み・疑問

© 2023 バイバイ退職 Powered by AFFINGER5